歳をとるってこういうことかな

2023年11月17日金曜日

日記

t f B! P L

最近歳だなあと自覚することが続いています

ひとつには身体の不調。回復も遅いし、、、

周囲からそんな歳には見えないとか、自分でもそんな気でいましたが、こうなってみて確実に肉体は衰えていると実感しました。

それと記憶力も低下しています。


物忘れは当然のこと、最近仕事でもこれまでしたことのないような単純ミスをして情けなくなりました。

目まぐるしい変化について行けるだろうか?

おひとり様の私は、誰かに頼ることは出来ないので、なんとか自分でやる努力をしてきました。

友人も少ないながらにいて、相談やちょっとした頼み事は出来ても、とことん頼るということは出来ません。

なので年老いて体力も衰えてきた時に、そんな生活を支えるのはネットだ!ネットを活用出来れば情報も得られる、通販で物も買える、お金も動かせると、これまで何とか使ってきたのですが、

数日前、口座のあるみずほ銀行から「取引ごとにアプリを使って暗証番号を送るのでその設定を」みたいなメールが届いたんです。

銀行によっては暗証番号だけでなく、パスコードをSMSで送ってくるのはありますが、このメールを読んだら、おそらくこれからは銀行だけでなく今後こういう流れになって行くんだろうなと予想しました。

そのメールが届く前にもネットでみずほ銀行の入出金明細を見ようとしたらIDやパスワードだけでなく、第二暗証番号を入れないとログイン出来ないようになっていたんです。

第二暗証番号なんて覚えてないのでその場ではあきらめ、通帳を記帳に行ったんですけど。。。

案ずるより産むがやすしで、不安にならずに言われるままやってみれば良いのだろうとは思いますが、便利になるということはそれだけほんのちょっとしたことでも操作出来なかったり、サービスが受けられない可能性もあるわけで、

そうなったらどうしよう?アナログで銀行へ出向き口座を解約するのか?店舗が激減してる今、行けるところにあるのか?予約しなきゃいけないんだろうな、何か一つ添付書類忘れただけでもダメなんだろうな、とか脳裏に押し寄せ、ブルーになってしまいました。

職場でも健康保険組合のサイトが暗証番号を入れないと開けなくなったり、全ては「セキュリティ」のためなのはわかるんですが、この目まぐるしい変化について行けるのかすごく不安です。


author

author
kiraです、60代都内ひとり暮らし、老後資金を増やすためフルタイムで勤務中。2021年から投資信託(NISA)にもチャレンジしています。

カテゴリー

このブログを検索

ブログ アーカイブ

お役立ちツール

◆年金納付の確認、受取見込額の試算

「ねんきんネット」

◆自分で積立る年金、掛金は全額所得控除

 「iDeCo」公式サイト

◆商品の価格比較、ランキング

「楽天証券投信スーパーサーチ」

QooQ